整骨、鍼灸マッサージ、矯正、ストレッチなどの東洋医学と解剖生理学に基づいた手法の良い所を調和させながらお子様からお年寄りまで幅広い要望に合わせた施術を行います。

患者様の声

患者様の声

処方された鎮痛剤も効かない首肩の激しい痛みが改善。大和市在住。38歳会社員

年明け頃から感じていた右手の違和感が徐々に痺れ、痛みに変わり、3月末に整形外科を受診。ストレートネックによる頸椎狭窄と診断され、湿布薬と鎮痛剤を処方されましたが、全く改善されず、痛みは更に強まっていき、仕事にも支障が出始めていました。
4月末に“ワラにもすがる”思いで、こちらを訪れました。鍼灸は経験がなく、少しでも痛みが和らげば良い、くらいの気持ちでしたが、非常に効果がありました。1回目で痛みはほぼ半減したものの、数日後にまた痛み出しましたが、2回、3回と施術してもらううちに痛みは弱くなり、痛みが出る間隔も長くなりました。
仕事が忙しいこともあり、完全に痛みから解放されてはいませんが、あのままの痛みが続いていたらと思うとぞっとします。人、症状によって効果は違うのかもしれませんが、私にとっては最善の選択だったと思います。
引き続き宜しくお願いします。

  • 強い鎮痛効果を示すボルタレン坐薬もぜんぜん効かないと初めに聞いた時はその表情からも痛みの辛さが伝わってきました。慣れない鍼灸治療の刺激にも頑張っていただき症状が順調に回復している事に安堵してます。
    心身ともにハードな仕事の環境や日常生活のストレスなどは依然と変わりませんので油断はできませんが、鍼灸マッサージや運動療法などを続ける事が大切かと思います。プロフェッショナルとして治療に取り組んでいきますの今後ともよろしくお願いいたします。
    画像の説明

坐骨神経痛体験記(その1~)

「坐骨神経痛」は兎に角“痛い”。仕事は当然、休職。経済的な不安。身の廻りの処理能力の低下~炊事、洗濯、掃除、整理整頓、買い物行動etc、すべて“痛み”に耐え抜きながらで相当エネルギーを消耗する。生活意欲が著しく低下し、しかもいつまで我慢すれば解放されるのか?期限が定まっていないので不安に拍車が掛かり「生活目標」を失いそうになる。
もっと深刻な“痛み”を伴う病(やまい)は世の中に数多(あまた)あるが、その人達や家族の不安感、絶望感、無力感、生活設計の大幅な変更等々ほんの少しながら実感することができたと思う。
H26.10月14日発症、整骨院1軒、整形外科2軒、それらと併行して10月18日、「さいとう鍼灸院」初回受診よりH27.5月初旬まで計65回に及ぶ鍼、並に灸治療を受け、5月現在、右下肢の痛みはほぼ全快。しつこかった右足底のしびれも9割程度、解消された。5月8日より青葉スポーツセンターで筋トレと減量に励み、汗を流している日々である。併せて10㎞程ウォーキングを消化している。
昨年10月の発症の時より「日記」をつけているので、より詳しい痛みと治療の経過をさいとう先生のホームページに報告、掲載できると思うので、同じ悩みを持っている方は参考にして下さい。第一回目は以上です。

坐骨神経痛体験記(その2)
H26.10月14日、仕事中に右腰部に異和感を感じ、夜、自宅に近いA接骨院を受診する。2~3日通うも、今度は右脚の付根の激痛としびれが増強し歩行も極めて困難となった。アパート2階へ昇るのも手摺に摑まって息も絶え絶え。当時、京急線蒲田から羽田線の次の駅「糀谷」の再開発事業を戸田建設が請け負い、私達の会社がゲート前の警備を担当していた。所謂、建設現場の「ガードマン」である。
H26.5月頃より工期2年半でゲートの警備を“張る”仕事に意気込みもあり、健康でさえあれば生活の安定と元請け(戸田建設)からの評価を目論んでいた矢先の故障であった。A接骨院に計8回(毎日)通ってみたが、全く改善されず柔道整復師の方から「他の疾患の疑いもあるので、一度整形外科でX-P(レントゲン)を撮ってみては?」と助言された。近くのB整形外科を受診。歩けば10分の距離だがとても無理。50㏄のバイクを持っていたので大助かり。このバイクが“移動”の生命線で後々生活の不可欠の伴侶となる。
以前は男子ながらも“料理”は好きな方で不自由なく調理していた“食生活”も意気阻喪が甚だしく“寝たきり”ではないが“セミ寝たきり”に近い日常と相成ってしまった。情けないと云うか先行きに暗雲が垂れ込める感じだった。B整形外科でX-Pを撮り、Drの所見は「加齢による脊髄の変形と脊柱管狭窄の疑い」との事で、処方薬は鎮痛剤「ロキソニン」と血流改善剤。パソコンを睨みながらの診断でマニュアル道りの印象を拭えなかった。通い続けるのもどうかな・・・?と。
「兎に角近いトコロ」を条件にタウンページを調べ10月18日、「さいとう鍼灸院」を初めて受診した。「鍼治療」に関しては20年程前に「うつ状態」に伴う首、肩こりの際、結構打っていたので全く抵抗はなかった。むしろ、あらゆる疾患の最終章は「東洋医学」では、と云う信条の様な思いもあったのでB整形外科の処方薬にもそれ程期待はしていなかった。

坐骨神経痛体験記(その3)
10月中旬~11月いっぱいは、痛みの最も激しい時期だった。痛みの質は、“競輪選手”じゃないけれど「ライン」があって、お尻の下(脚の付根)~大腿外側~下腿(スネ)外側~足底の半分より外側となる。これが即ち【坐骨神経】の走行ラインとピッタリと一致する。特に痛いのは、朝いち、ベッドから降りる際の最初の右脚の一歩、思わず呻き声が出てしまう。部屋の中でも「ビッコ」を引きながらの移動。私のアパートは和式トイレだが、しゃがむ際は痛みはなく、これは「不幸中の幸い」であった。
右脚に荷重を掛けると激痛が付根に走るので、シンクの前に立って洗い物の時は途中でうずくまってしまう状態。特に上体を左側にねじると、腰からラインに沿ってビリビリと痛みが走り、腫れ物に触る様な日常動作だった。さいとう先生より「コルセットをすると腰のグラつきが無くなるよ」と助言があり、装着してみたが、イスに座る際に下部が圧迫されて折れ曲がり、決して心地良いものでなく、私には合わないナ、とはずしてしまった。又、浴槽に浸って、全身を温めて血行を良くする旨、もすすめられたが、痛みの強い時は「入浴行動」が地獄の苦しみで無理だった。意欲、と言うものが沸き起こって来ないのである。兎に角、「身体を動かす」ことは即ち右脚を動かすこととイコールである。幸い10、11月は何もしなければ汗をかく季節でもなく、外で労働もしていないので、入浴しなくても左程、不快感は無かった。1週間に1回ぐらいのこともママあった。そういう日常の中でもやはり「坐骨神経痛」に関する情報が欲しくて、あざみ野の書店にはバイクで結構通った。パソコンを持っていないので情報はどうしても書店頼みになる。右脚に痛みがあると、バイクに乗ることもかなり不安を抱えるものだ。万一、間一髪の事態に遭遇した時、機敏に反応する自信が持てないのだ。心なしかオドオドしながら乗っていたと思う。書店の中を移動するのもかなりキツかった。が、「ワラをもすがる」の思いで目を凝らして書棚を探る。「○△療法で腰痛は治る」、「坐骨神経痛はこうして治す」etc、etcズラリと並んでいる。ダイエットと同様、腰痛は国民的課題だと思う。
そんな中で、神奈川県に3名しかいないと言う整形外科Drがたまたまあざみ野に医院を開業している、と云う本を見つけた。その本によれば、「原因不明の腰痛は仙腸関節の微細なズレに起因する」との事で、リハビリとして腰、背部にソフトタッチの手技を施してズレを補正すると言うもの。11月14日にC整形外科を受診して以来5回程その手技療法を受けたが「エーッ、」これでリハビリなの?」と思う程、拍子抜けする内容であった。
ただ、触っている、と言った程度。この療法1回でウソの様に痛みが無くなる、と言う側も本では紹介されていたが・・・。残念乍ら、私はその側には入らなかった。処方された内服薬はB整形外科と同様。ツラツラ考えてみると、原因不明の腰痛には、マニュアル的には「リリカ」と「リマプロ」しか現段階では無い、と言うのが実情ではないか。全国で何万とある整形外科に通う何十万の患者は、やはり私と同じ薬を処方されているのでは・・・。何か「私」と言う1個の痛みを訴えている人間が「その他多勢」の様に「十把一からげ」に扱われている様で、空しさがこみ上げてくるのだった。11月に入ると、朝晩の冷え込みも厳しくなり、私の右脚も特に朝方、膝から下はシビレと共に「冷感」が重なり「ホッカイロ」を手離せなくなった。しかし「神経障害性の冷え」にはホッカイロはあまり効果がなかった。今、思えば11月が一番辛い時期で一週間以上「さいとう鍼灸院」へ行けないこともあった。以前より所持していたステッキ(登山用)を使って500mの距離を徒歩で行ったこともあったが、バランスが悪く足で引掛けてしまうので、思い切って後々の事もあるので(登山、いずれ必要と考えていた)2本ストックを南町田の「Mom Bell」より購入し、通院にはこれを使用した。11月28日C整形外科のDrに「処方薬を服用しても痛みが改善されない」旨を訴えると、青葉区内の総合Hspにて「MRIを撮ってきて」との由。「しびれは結構、やっかいだよ。半年、1年の単位で考えないとネ・・・」と。又、さいとう先生からも「神経」にとって最初は「痛み」、次に来るのが「しびれ」で、どの様な機序か不明だが「最後の症状」であるが故に完全に無くなるのは時間が掛かる、との事。私はその時点で半年はおろか「一年」も覚悟して視野に入れなければ、と開き直りの気持ちであった。12月2日、MRIのフィルムは30×40㎝×5枚程でC整形外科へ持ち帰り、その所見は「全く異常なし」。X-pもMRIも異常なしで尚且つ右脚の痛み、しびれがある、と言うことは、俗に“腰痛の9割は原因不明”と言う如く、内部、つまりインナーマッスルが深部の何処で神経を絞扼(圧迫)している、と論理的にはなる。がその位置が判らない。従って外科治療は有り得ず(標的が判らなければ手術のしようがない)、飽くまじき保存療法しかなく長期に及ぶ。こうなれば徹底的に鍼と灸、1本でいく以外方法はない、とこの時点で方向性を肝に銘じたものだ。

坐骨神経痛体験記(その4)
11月30日で「さいとう鍼灸院」通算15回。
受診の度に痛みの部位や、歩行の程度などの経過を伝え、症状に応じた鍼を打ってもらった。時には2倍量の本数を打ってもらったり、「灸」も併用してもらったりと大サービスを受けた。12月に入ってわずかながら痛みが緩やぎ、歩行も10、11月に比較して楽にはなったが「しびれ」と「冷感」は相変わらずだった。ホッカイロの使い捨ては不経済なので「レンジでチンッ」の湯タンポを購入、腰を暖めるとかなり楽になった。
雨の降らない日は、可能な限り2本ストック使用で通院する様にしていたが、それでも歩行時間が長くなると比例して痛みは増強した。相変わらず流しでの洗い物は辛い。12月27日に職場の上司にTELすると「これ程、長くなるとは思わなかった。でも身体の不調なので致し方ない」と。実はこの上司も(約35歳)平成26年1月頃事務所でデスクワーク中に突然腰痛を発症。近くの整形外科に足を引き摺りながら受診した由。診断名は「脊柱管狭窄症」で処方された薬は、全く私と同様であった。彼の場合「生まれつき」のそれであり、内服薬でスッパリと痛み解消したらしい。「同病相憐れむ」ではないが私の痛みにも理解を示し「判る、判る」と苦笑いで同情してくれた。この点は大いに助けられた。冴えない年末年始を迎えることとなったが、1月2日「箱根駅伝」を楽しみにベッドより降りる際、最初の一歩の痛みが全く無くなって、「エッ、本当カナ」と逆に困惑する程だった。以前よりさいとう先生には伝えていたが、右脚をストレッチで開脚すると、ラインに沿って、しびれが走り、左側へ戻すと「スッ」と消える。多分、推測だが右腸腰筋(腸骨筋+大腰筋)が何処かで圧迫を受けていることは間違いない、と云うことになる。勿論、もっと深い内部の小さな筋肉の可能性も否定できないが。さいとう先生によれば「背骨に沿って筋肉の張りがあり、左右のバランスが良くない」との事。自分でも発症以来、右腸腰筋の「張り感」は常にあった。どこかをかばって緊張しているのかも知れない。1月は総じて調子上向きで経過し、1月31日現在で計35回診療を受けている。2月前半も小康を保った状態。日常生活面でも不自由はなかった。この病気になって「ケガの功名」と云うか、私は何十年もシャワーのみで過ごしてきた為、「浴槽に浸かる」、所謂「入浴」を苦手としてきた。冬でも浴室に入る前に、シャワーを出しっ放しにしておけば浴室は暖まり、何とか凌いできた。が、この坐骨神経痛に患ってからは浴槽に身体を沈め血行を良くすることを再発見、再認識した次第だった。
2月中は痛みが軽減し、体力低下を元に戻す意味で長友祐都の「体感チューブトレーニング」の本を買って痛くない程度に部屋の中で実践した。2種類のゴムチューブ付録付き。3月に入って右脚が本調子か否か、チェックする意味で大磯の高麗山(湘南平)標高180mの登山、アップダウンがあるので累積標高差は300mぐらい。翌日、筋肉痛はあるものの本来の神経症状の増強はなかった。3月12日小田急線「秦野」下車で「渋沢丘陵」登山。標高221m、歩行2時間。これが良くなかった。ラインの痛烈な痛み、多分炎症を起こしていたのかも。さいとう先生はアイシングしてくれた。4月初旬まで、強行登山が祟って痛みを引き摺った。又、うつぶせ状態で背中の右側を押すと、右の神経ラインに痛みが走る。3月19日、会社の人事担当者よりTELがあった。「籍を置いたまま長期病欠は事務処理上、困るので一旦[退職届け]を提出してくれ」との由。まァ、会社としては当然の措置だろうナと。こうなれば、本当に100%回復して復職しないといけないと気持ちを固めた。生半可な状態で復帰して、又再発して休む、となると信用問題に関ってくる。幸い「復職出来た暁には必ず仕事は確保しておくから」との言葉。それを励みに無理せず頑張るしかないな、と思った。

坐骨神経痛体験記(その5)
10年来、診療を受けている「かかりつけ医」が大和市(南大和)にあり、2か月に1度通院している。主に高血圧の為の降圧剤処方であるが、湿布、花粉症目薬、抗炎症軟膏など血圧以外にも様々相談し、助言と処方を受けている大いに頼りにしているDrだ。尿検査、血液検査も必要に応じて受けている。3月20日の採決結果で(5月初旬の受診で判ったこと)「CPK値」が高いと判定された。このCPK値と言うのは筋肉の損傷があると上昇する項目で右脚痛と密接に関連していると思われる。4月上旬になって痛みはかなり軽減し楽になってきた。C整形外科のリハビリはその後全く通っていない。内服薬だけは続けていた。TV東京で武田鉄也がコマーシャルをやっている『「ジンジン」、「チクチク」、「ビリビリ」は神経障害性疼痛です。お医者さんにかかりましょう』と言うのは「リリカ」と言う私が服用している薬である。さいとう先生より「足底のしびれにはイボイボ健康サンダルがいいヨ」とアドバイスがあり早速購入、100円也。
GWも迫ってきて、かなり右脚は楽になってきた。ウォーキングはずーっと続けていたが晴天続きで「光線過敏症」の私としては、そろそろ陽光の下での歩きが厳しい。そこで5月8日より青葉スポーツセンター(徒歩5分)のトレーニングルームで1回300円の回数券を購入し、ほぼ毎日、通う様になった。一応3時間目安で内半分1.5hはウォーキングマシンか自転車(クローズドバイクと呼ぶ)、合間にストレッチ+腹筋などを消化。
初回より体重の折れ線グラフを日記と共に記録している。
夕方屋外ウォーキングは結構、行った。都筑鴨池公園、かりん公園(ささぶねのみち、ゆうばえのみちetc)山内図書館、たまプラーザ、島忠ホームセンター、青葉台、藤ヶ丘などなど。又「大和のかかりつけ医」を受診する時も田園都市線で市ヶ尾~すずかけ台で降り、そこから大和南まで歩く(2時間)などウォーキング時間を生活の中に取り入れる様にした。血圧も歩いた後は120/70mmhgでいかに運動が大切かを如実にしめすものと思う。散歩コースでとりわけ感心したのは、都筑区のプロムナード「ゆうばえのみち」。地山を残してくすのき、樫、こなら、etc広葉樹いっぱいで「ウィトンチッド」の森林浴を堪能できる。
都筑区(港北ニュータウン)は、青葉区の私鉄(東急電鉄)の開発と異なり、横浜市が開発計画に基づいたプロジェクトなので「緑」が多く残ったものと思う。5月8日~5月31日でスポーツセンター19回目、体重は5月8日68,0㎏ 5月30日64,6㎏まで減った。間もなく6月を迎えようとしている。今の心づもりでは、7月1日より仕事に復帰したいと思っている。痛み、しびれはほぼ解決だが、きついトレーニングを長時間やると、下腿外側に痛みは多少感じる。5月21日クラブツーリズムの「ミステリー旅行」は朝霧高原。さわやかな風が草原を渡ってくる。冠雪した富士も青空にクッキリ。昼にバイキング、イイネ。
6月中旬も読売旅行の予定。その前後無理して元に戻らない様にトレーニングを積み、制服のズボンが入る様体重を戻してコンディションを整えていきたいと思っている。

  • 数ある病院、治療院の中から当院をご支持頂き本当にありがとうございます。
    症状が改善し、安定的に経過良好の様子に安堵してます。痛みと痺れの為に仕事も休業しての日々、肉体的、精神的に不安でストレスの大きい状態のなか、あきらめずに治療に専念していただき本当にありがとうございます。あきらめず、前向きに、自ら病状を調べ、ストレッチなどのリハビリも頑張っていただき、治療に通い続けてきた努力が本当に大きかったと思います。これから、徐々に弱った体のトレーニングをして仕事へ復帰する日も近いように感じます。焦らず、オーバーワークを注意しながら一緒に頑張っていきましょう。
    今後も、本格的な鍼灸マッサージ治療を身近な健康管理に取り入れ、当院をご支持頂ければ幸いに思います。プロフェッショナルとして誠心誠意に治療に専念致しますので今後ともよろしくお願いいたします。

    さいとう鍼灸整骨院
    CCF20150517.png
    CCF20150517_0001.pngCCF20150517_0002.png
    CCF20150525.pngCCF20150525_0001.png
    CCF20150525_0002.pngCCF20150525_0003.png
    CCF20150528.pngCCF20150528_0001.png
    CCF20150528_0002.png

ツボまで入って良く効きます。

  • とても上手で、身体の中のつぼまで入っていて良く効きます、
    メンテナンスも非常にいいです。

    • 最初は転んで怪我をした手が紫色に変わり、腫れて本当にびっくりしてましたね。包帯固定など大変だったと思います。真面目に頑張って通って頂いたおかげですっかり良くなって本当に良かったです。ありがとうございます。メンテナンスも精一杯頑張りますので、今後ともお引き立てのほどよろしくお願いいたします。
      画像の説明

ジストニアと戦って10年。

  • 10年程お世話になっています。ジストニアという病気になり、病院に行ってもなかなか治らず、マッサージなどをしていただき治すことができました。
    ストレッチを教えていただいたり、質問にも答えていただいたり、親身に対応していただきました。

    • R.O様とも長いお付き合いとなりましたね。症状の発現が独身時代からだったので、良い出会いがありご結婚された時は本当に嬉しかったです。

      また、ジストニアの辛い症状で思い悩む事、ストレスも大きかったと思いますが、
      病院の治療とあわせて、当院への永年に渡るご指示とご信頼を頂き本当にありがとうございます。難しい病気なので私も勉強し、試行錯誤の連続できました。今は症状が落ち着いている事に心から安堵しています。紆余曲折ありながらもあきらめずに前を見つめ続けたR.O様の前向きな気持ちと努力が大きかったと思います。これからもプロフェッショナルとして信頼に応えるように努力しますのでよろしくお願いいたします。
      30%,画像の説明

早いもで7年。私の人生からまさか薬とさよなら出来る日が来るとは思ってもいませんでした。横浜市緑区在住30代会社員

  • 早いもので、7年もお世話になっています。当時、どっぷり西洋医学に浸っていました。
    一度にいくつも薬を飲み、週に何回も痛み止めの注射を打ち、食事をしては下剤で出す。体重はどんどん減り、体力はなくなり、まともに仕事も行けず・・・
    そんな私を見かねた友人の「鍼とか東洋医学も考えてみたら?」の一言、そして先生方との出会い。私の人生から、まさか薬とさよなら出来る日が来るとは思ってもいませんでした。
    杖に頼らず歩ける、いえ子供たちと走れる!下剤を飲む事を考えずに食事が出来る喜び!
    先生方は「助け」とおっしゃいます。確かに、日々の食事、ストレッチ・・・何度もやめたくなりました・・・が続けようと思う効果がありました。そして、先生方から教わる事が沢山ありました。どうやら私は頑固というのか、クソがつく真面目な様で、とにかくストレスでよく体調不良になると気づかせて頂きました。忠告頂いても自ら拾う癖があるらしく、体調を悪化させ、気まずいので黙っていてもすぐバレます。
    それだけ患者である私達、一人一人を見(診)てくれているのだなあと思います。
    先生方は、ちゃんと西洋医学の検査も勧めてくださいます。手術をしたりしてあげられる訳ではないから・・・と先生方は私の「頑張りたい!」を応援してくださいます。
    食事、運動、マッサージ、自分の力で自分を治したい、その気持ちを大切にしてくださいます。たまに先生方は言い合いしたりします。私の努力を褒めてくださいます。たまに怒られ(忠告)ます。一緒に喜んでくれます。一緒に泣いてくれます。
    そんな人間味あふれる先生方に出会えた事が私の人生の宝物のひとつになりました。先生方は一緒に病気と戦ってくださいます。もし、薬とさようならしたい方(本当に必要なのか悩んでいらっしゃる方)、なんで治らないの?と悩んでいらっしゃる方・・・etc 
    体に触れられる事なので、最初の一歩はすごく勇気がいりますが、先生方はその気持ち
    「本気」も大切にして下さると自信を持って言えます。悩んでいる時間、もったいないので「助け」を借りてみませんか?
    以上、長文、乱筆、乱文、失礼いたしました。
    P,S いつの日か先生と奥さんと私の子供達とディズニーランドに行くのが夢です!

    • こんなに沢山書いてくれてありがとう。気持ちが伝わってきて感動しました。
      微力ですが、患者様と正面から向き合い、正直に誠心誠意頑張ってきて本当に良かったと感じる瞬間です。Y・Uさん・・・こちらこそあきらめずに頑張ってくれてありがとうと言いたい。本当に感謝しています。ありがとう!!
    • お子さんの事、ご両親の事、仕事の事、そして自分自身の事、色々人生ありますが、
      あなたが本当に歯を食いしばってよく頑張っている事を私たち夫婦は知っています。
      夜一人で考え込み寝れない夜や涙する日も人知れず多々あったと思います。
      それでも、「越えられない試練を神様は与えない」と言います。母として、一人の女性として、娘として、与えられた環境を感謝して、前を見て頑張ってくださいね。そして、人は一人では生きて行けません。頑張りすぎてパンクしそうな時は頼ってくださいね。
      微力ながら応援してます。いつの日かディズニーランドに行こうね。
      画像の説明
      画像の説明
      画像の説明

義母が通い始めて5~6年、色々対応して頂き感謝。青葉区在住50代主婦

  • 義母が、さいとう先生のところへ通い始め「すごくいいわよ~!!」と紹介され、5~6年程前からお世話になっています。肩こり、腰痛、テニスエルボー、50肩など、その時々の痛みに合わせて、相談しながら指圧の他に鍼やお灸など、施術してもらえるのでとてもいいです。
    義母は肺癌で亡くなったのですが、癌からくる痛みにも色々と対応していただき感謝しています。義母も「さいとう先生に施術してもらうととても楽になるの~」とよろこんでおりました。さいとう先生ご夫妻には、無理なお願いを聞いて頂きとても感謝しています。本当にありがとうございました。&これからもよろしくお願いします。

    • ご家族でご支持とご信頼を頂き本当にありがとうございます。こちらこそ感謝の気持ちでいっぱいです。お母さまにも本当にお世話になりました。幼少期に母と別れ育ち、母の温もりを身をもって知らない私にとって「母の愛情」を感じさせてくれる方でした。何気ない会話や心遣いの中に感じる情の深さにいつも感謝しておりました。また、最後の最後まで生命の輝きを失わず、凛として、お母さまらしく、生ききった姿に近くで寄り添うことを通して、人としての生き方と命の尊さを深く考え、感じさせて頂きました。お母さまにはどれだけ感謝しても足りない気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。
      お母さまが亡くなった時は、私たち夫婦も本当に悲しくて泣きました。心の中にポッカリ隙間ができてしまった感じでしたが、今を生きる私たちがお母さまから学んだ事を今後に生かし、一生懸命に生きる事が大切だと思っています。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

画像の説明

妊活で鍼灸。お腹の中で二人目のお子様が元気に成長中!青葉区在住30代主婦

元気な女の子が生まれました!!

  • ①とても小さな個人院なので、最初はとても緊張しましたが、とても気さくでアットホームな感じが気に入っています。鍼灸治療での通院ですが体調によりマッサージもして頂いたり、とても丁寧に治療してもらっています。
  • ②前よりオープンな雰囲気になりました。たまに前を通るので、受付にいるかどうか見えると「あ、予約してこうかな?」っと思えて良いかも知れないです。

    • 安定期に入りほっとしています。新しい生命の誕生はそれだけで奇跡です。そのお手伝いをさせて頂ける事に心から感謝しています。元気なお子様を授かるよう誠心誠意の努力をしてまいりますので宜しくお願い致します。

    • 平成27年4月19日 女の子
      この度は、ご出産おめでとうございます。母子ともに健康で無事であった事に本当に心から嬉しく思っています。妊娠を希望している段階から、新しい命の誕生という奇跡の瞬間に関わる事が出来た事に、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
      生命の誕生は自然の摂理の一つですが 現代においても母体への負担は大きいもので、体調、体質が大きく変化する人も少なくありません。
      出産という大仕事を終えた今、今まで以上に日々の生活に追われる事と思いますが、十分にご自愛いただき、御身を大切にお過ごしください。
      産後は睡眠時間の乱れ、母乳の為の体力の確保、ホルモンバランスなどの影響もあり、思う以上に繊細でデリケートな心身のケアーが大切です。
      身体にやさしい鍼灸マッサージを 身近な健康管理に取り入れて今後もお受けください。
      これかも末永く当院をご支持頂ければ幸いに思います。プロフェッショナルとして誠心誠意に治療に専念致しますので今後ともよろしくお願いいたします。   
      画像の説明

思えば10年、決まった対応でないのが優しさを感じます。旭区在住39歳会社役員

  • いつもありがとうございます。思えばもう10年近くお世話になっていることもあり、いつも突然のわがままを聞いて頂いている様に思います。施術についても同様で、キツイところを重点的に様々な方法でご対応頂いています。決まった対応というわけではないのが非常に優しさを感じ、文字通り身も心もほぐされる気分です。引っ越してしまったこともあって、中々お世話になる機会が少ないですが、今後ともよろしくお願いいたします。

    • ご夫婦で、永年にわたりご支持頂き本当にありがとうございます。赤ちゃんだったお子様が元気な小学生になっているお話しを聞くと月日の早いことを感じます。それから、運動も頑張ってくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
      画像の説明

治療に加え、生活指導、ストレッチ、予防対策まで!!青葉区在住60代男性

  • 6年ほど前から、腰痛治療で診ていただいています。治療に加えて、ストレッチ・メニュー等の生活指導、予防対策まで、ケアしていただいています。
    ご夫婦の診療所という基盤を活かして、お二人のパートナーシップで、連けいしたチームワークを発揮されています。先生がお二人ですので、我々患者との会話も弾みます。
    体と心のリフレッシュも受けています。
    今後、我々シニア層のフォローにも、さらに力を注いで頂きたいと、大いに期待しています。
    シニアへのフォローは、地域社会への貢献にも非常に大切です。
    これからも、宜しくお願い致します。

    • ご支持頂きありがとうございます。そして、真面目に治療やストレッチなどにも取り組んで頂きありがとうございます。良いと理解しても地道に取り組める方は少ないので頭が下がります。今後も色々なご意見をお聞かせください。宜しくお願い致します。
                              さいとう鍼灸整骨院
      原本はご本人の希望により非公開と致しました。

ぎっくり腰恐怖症と言っても良い位の苦しみが改善!! 町田市在住60代主婦

  • さいとう整骨院に通い始めて、もう4年になる64歳のうら若き女性です。予約できるので仕事帰りに週2回通院し、身体と精神面をリフレッシュしてから、家に帰るというパターンでとても助かっております。何しろ、来た頃はギックリ腰恐怖症といっても良い位苦しんでおりました。しかし、ここに通う様になってからは気が付けば大分前から無くなっておりました。(ウソの様な本当の話です。)身体もそうですが、何か心配事がある時も親身になって相談にのってくれて、先生がやさしいのでついつい話してるのかも知れません。仕事は65歳位までかなと思ってましたが、もしかしたら、まだまだ頑張れるかも・・・これからもよろしくお願い致します。
    • 最初は腰の不安が大きくてストレッチも怖がっていたのに、今では週2回水泳に通うのを楽しみにしてるお姿を拝見して本当に嬉しく思います。今後とも宜しくお願い致します。
                             さいとう鍼灸整骨院
      画像の説明

頑固な便秘が改善。青葉区在住 50才代主婦

  • ここ10年位奥様先生にお世話になっています。いつも明るくお話ししながら鍼灸治療を受けるので、安心して、リラックスして受けてます。初めての時は頑固な便秘で大学病院で処方薬を中心に薬ばかり飲んで、冷えやむくみ、肌荒れなど色々ありましたが、鍼灸が多くの症状に効果あることを知り長くお世話になってます。お陰様で普段はくすりもいらなくなりました。本当にありがとう。感謝してます。
    画像の説明

肘の痛みで受けた鍼灸治療。青葉区在住40代主婦

  • 肘が痛くて来院したのですが、丁寧に話を聞いて下さり、的確な検査と症状の改善の説明を受けました。鍼とお灸の治療でしたが痛すぎも熱すぎもせず、ゆったりとした時間を過ごしました。治療後の注意もやさしく説明してくださり、定期的に受けてみようと思います。
    今書いていて気が付いたのですが、痛みがかなり減っていて驚いてます。ありがとうございました。
    画像の説明

ほぼ初めての鍼灸を受けて。青葉区在住40代男性 会社員

  • ほぼ初めてのハリ治療でしたが、不安もなく、痛みもなく、その効果に驚きました。
    ありがとうございます

    • 初めてのご来院で、心良くご協力頂きありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
      プロフェッショナルとして誠心誠意頑張りますので今後ともよろしくお願いいたします。
                        さいとう鍼灸整骨院
      画像の説明

思っていた程痛みが無かった鍼灸治療。青葉区在住40代男性会社員

思っていた程の痛みがないですね。
さしてもらった箇所が軽くなった気がします。2~3日様子を見てみます。
鍼とは関係ないですが、イスの座り方(タオル敷)を教えてもらったことがありがたいです。
早速実施してみます。
最初に細かく説明してもらったので、安心感を得られたと思います。

  • 初めてのご来院。そして初めての鍼灸治療を当院でお受け頂き本当にありがとうございます。
    また、心良く「患者様の声」ご協力頂きありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
    プロフェッショナルとして誠心誠意頑張りますので今後ともよろしくお願いいたします。
                      さいとう鍼灸整骨院
    画像の説明

ご夫婦で来院。鍼灸初体験。 青葉区在住 30代&40代

  • ご主人様
    気さくに話しかけて下すって緊張もとけて気持ち良かったです。アットホームな対応も良かったです。マッサージもGoodでした。
  • 奥様
    初めてのはり、お灸に興味。伝えやすかったです。安心できました。体がとってもぽかぽかして、運動も続けたら不安な気持ちはなくなるのかなあと思えます。親切です。

    • ご夫婦で、トータルプラン60分、鍼灸全身治療をお受けいただきありがとうございました。「お客様の声」にも回答いただきありがとうございます。
      誠心誠意、治療に専念致しますので今後ともよろしくお願いいたします
                             さいとう鍼灸整骨院
      画像の説 明画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional